ブックメーカー野球の賭け方【マネーライン編】

ブックメーカー野球の賭け方について
今回はマネーラインという賭け方について
実例を通して解説していきたいと思います。

マネーラインとは
一言でいえば9回裏の勝敗決着後の得点の勝敗を予想する賭け方となります

事例その1
マネーラインで巨人の勝利に300円を賭けた場合

例えば
巨人対ヤクルトの試合があり、
9回裏の勝敗は3対2であったとします。

この場合、巨人は勝利したため、
賭けは的中となり、配当をもらうことができます。

ブックメーカーで野球を賭けるにあたって
最もオーソドックスな賭け方となっていますので
まず初心者の方はこのマネーラインで賭けてみることを
おすすめします。

ピナクルスポーツでマネーラインを賭けた場合の事例

ピナクルスポーツでマネーラインを賭けた場合の事例【スマートフォン】

ウィリアムヒルでマネーラインを賭けた場合の事例

365betでマネーラインを賭けた場合の事例

いかがでしたか
ブックメーカーで野球を賭ける方法についての
知識がある程度は理解できたかと思います。
ぜひ、ブックメーカーで野球を賭けて
スリルある試合観戦をお楽しみください。

当サイトおすすめは
ピナクルスポーツ

ブックメーカー野球はピナクルスポーツな訳

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ