横浜DeNaベイスターズの来季は?

横浜DeNa
2014年シーズンもいよいよ
大詰めに差し掛かった今日この頃。

CSに出れるかどうかはまだわかりませんが、
前年以上の成績でここまで来てのぼり調子の中畑ベイスターズ。

若手中心のチームで来期にも
期待のかかるベイスターズですが、
来季の戦力予想をしてみましょう。

捕手・・・黒羽根が打撃開眼し、
二軍でも鶴岡、西森などが好成績を残す。
経験を積んだ黒羽根が来季どこまでできるかがカギ。

内野手・・・グリエル、ブランコ、バルディリスと
外国人選手で内野を固めた今シーズンだったが、
バルディリス以外の去就は不明。

外野手として起用の多かった桑原やチームキャプテンの石川、
2013ドラ1白崎、ユーティリティから

レギュラー格に上り詰めた山崎、二軍では宮崎などの
活躍が見られるが、やはり二遊間は攻守ともに不安を残す。

ブランコがいない場合の一塁も強打の選手を置けるか。

外野手・・・荒波、桑原、筒香、梶谷と
他球団と比べても引けを取らない好選手が揃い、
多村、金城などのベテランも活躍。

二軍では乙坂、関根、飛雄馬など若い高卒の選手が
軒並み好成績を残しており、心配はないだろう。

投手・・・久保、井納などの先発投手の
活躍が目ざましい今季だがキーポイントに
なったのは何といってもドラ4三上だろう。

新人離れした活躍を見せていて、
二年目の活躍にも期待大。

モスコーソの契約や谷間投手の不安定さなど
まだまだ不安事項は多いものの、
若い投手がファームで好成績を残しているのは明るい材料だ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ