ブックメーカー野球の賭け方【ハンデキャップ編】

ブックメーカー野球の賭け方の一つである
ハンデキャップについて書いていきたいと思います

ハンデキャップを簡単に説明しますと
「勝敗にハンデを賭けたもので予想する」

ものといえます
これでは初心者の方には少しわかりにくいかと思いますので
もう少し詳細に説明していきたいと思います。

事例1
ハンデキャップの賭け方で阪神タイガースの勝利に賭けた場合
ハンデキャップとして
阪神タイガース+1.5
巨人 -1.5
とします

具体的な例として
阪神タイガース対巨人の試合があり
2対3で9回裏の勝敗は巨人が勝利したとしましょう

この場合、マネーラインの賭け方
いくと、巨人が勝利したことになるので、不的中となります。

ですが今回はハンデキャップの賭けとなりますので、
実際の勝敗の結果に、それぞれのハンデを加えた結果での勝敗となりますので

 阪神タイガース対巨人
=2対3【マネーライン】
=(2+1.5)対(3-1.5)=3.5対1.5

となりハンデキャップでの勝利は阪神タイガース
となりますので賭けは的中となります

これがハンデキャップでのブックメーカー野球の賭け方であり
「アジアンハンデキャップ」とも呼ばれたりもします

ピナクルスポーツでハンデキャップを賭けた場合の事例

ピナクルスポーツでハンデキャップを賭けた場合の事例【スマートフォン】

ウィリアムヒルでハンデキャップを賭けた場合の事例

365betでハンデキャップを賭けた場合の事例

以上でブックメーカー野球でハンデキャップの賭け方
についての説明を終わりにしたいと思います。

ハンデキャップで
ブックメーカー野球に賭けるのであれば
オッズの高いピナクルスポーツが最もおすすめといえるでしょう。

ブックメーカー野球はピナクルスポーツな訳

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ